せっかく春なのに、変な病気がやって来た。

狸小路に、狸がいた
狸小路に、狸がいた

変な病気がアッチコッチで悪さをしている。先月まで団体さんがゾロゾロ歩いていたお隣の国の観光客がいなくなった。極端に寂しい狸小路です。本物の狸が出そう

中島公園にも春の様子がやって来た。

若い女性がシッカリと三脚を立ててカメラを構えている。

趣味で写真を撮っているとのこと。

装備はかなり立派です。オッサンも並んで撮らしてもらいました。春の薄氷の上を鴨が行く。思わず「鴨蕎麦」を思い浮かべたけど口に出すのはやめた。大人だから。

ススキノもワイワイガヤガヤが無くなり、穏やかな時間が過ぎています。ボーっと歩いているオッサンには気が楽ですが、ススキノのお店の皆さんは大変です。古いバイク乗りの大将がやっている寿司屋に寄る。時間が早いからだけではなく、暇そうにしていました。「この店は観光客は関係ないでしょう」と言うと「観光客で潤った旦那衆が綺麗なオネーさんを連れて食べにくる店なのだ」との返答。観光客が来ないと懐のうるおった社長達が来ないらしい。暖かくなってもこんな状況が続くなら、またバイクに乗ってアッチコッチ出かけた方がイイ。だからどこに行こうかと、美味い酒を呑みながら相談し、寿司を食う。

ほろ酔い気分でフラフラ歩いていると、珍しく客引きに声を掛けられる。誰も歩いていないので仕方なく声をかけたようです。引き続きウロウロしていると、ビルの陰で若い女性が携帯電話をかけながら泣いていた。どうも今夜はいろんな人に出会ってしまう夜のようです。

冬が終わる景色です。最初は雪が少なかったけど、結果いつもと同じになった。

コロナウイルス?が流行中。世間では出歩かないようにしましょう、となっているのでお客さんは来ないのかと思ったら普段のままです。店内除菌用のアルコールが不足しそうになったけど、古い付き合いの問屋から無事入荷。セッセと振り撒いております。ご心配の方はご自宅用のカレースパイスをご利用ください。