雪祭り中雪が降る、雪不足だったのに。

コッチ見るな、ドッカ行け
コッチ見るな、ドッカ行け

オッサンが暮らす大きな集合住宅、今は年配者が多い。自転車置き場にはだれも使っていないサビた自転車とオッサンのバイクが並ぶ。すぐ近所の生協に買い物に行くのも一苦労。

60歳の息子と一緒に買い物に行く90歳のお母さん。

集合住宅のイイ所は雪が積もると、バラバラと年寄りたちが大勢何処からか出て来て、各自雪掻きを始める。オッサンが出かける頃にはピシーっと路面が確保されています。チョッと雪まつりを覗きに行くと函館?のズーシーホッキーとか白熊君が普通に歩いていました。

いつもの様に真っ黒なベンツが現れて、雪まつりでは無く小樽に行こうとなった。

糖尿病のお父さんの息子がベンツを動かすと、突然女性がシャベリ出した。新兵器のカーナビを付けたらしい。その女性がいきなり「次でUターンしてください」などと言う。ややハスキーボイスでたぶん気まじめ風・・ときおり暗い影があり、

イロイロ悩ましい感じの声である。落ち着かないまま小樽の港で降ろされる。

港にも雪が有った。だからどうした、オネーちゃんはどうなった。と車に戻る。

車に戻ると息子がカーナビをチェックしていたけど分からないらしく、ベンツを動かすとまた「次でUターンしてください」

とシャベリ出した。

オジサン達も各自話しかける「僕はそっちへ行きたいのです」とタワシのような顔したオジサンが言い「自分は今日の朝もキチンと薬を飲みました」・「ワシは今日も明日も暇だから、いつでもどこでも行きます」と訳の分からないことを叫ぶ。やがて息子がスイッチを切ったらしく、彼女が突然しゃべらなくなった。オジサンが「なんと気まぐれな女だ」と言いまた全員無口になった。

ススキノで降ろされる。氷像の向こうに女性がいた「きっとあの女性だ」と誰かがツブヤク。オジサン達はいつも忙しいのです。

ススキノとか新札幌だけではなく、白石界隈もウロウロする。カレー屋【ボスコ】の仕入れのついでに良くわからない路地で降ろしてもらう。

雪まつり中、大雪だけではなく強烈な寒さがやって来た。こんなに寒いと、普段あまり食べないオデンが食べたくなる。そして絶対熱燗です。なぜオデン屋にはおばさんが居るのか・・

こんど、おでん屋のオバサン問題を研究してみます。

雪まつり会場も新雪で真っ白。ふわふわの雪を踏みしめるのが嬉しい。