夏が終わりそう、マダマダ遊び足りません

一雨ごとに秋の気配
一雨ごとに秋の気配

【ボスコ】の定休日火曜日は嬉しいことに晴れの日が多い。

中山峠を越えて、洞爺湖まで。

湖畔でボーっと湖を眺めていると、立派な乗用車からイスとテーブルを取り出し、ゆっくりとテーブルクロスをかけ簡単な食事をしながら何か書き物を始めた。どうしても気になって何を書いているのかを聞いてしまった。東京に居る子供たちに「残暑見舞」を書いているとの事。素敵ですねー。

地方の道を走っていると、昔ながらの「ドライブイン」

と書かれた食堂がまだ残っている。道の駅が主流になっているけど長距離トラックの運転手さんなどはこちらの食堂の方が美味いと言う。

ラーメンでもカツ丼でもちょっと濃い目の味付け。今年の様に暑い夏の日差しの中を、「夏だから暑いなー」と独り言を言いながら走っているオッサンもちょっと濃い目のカツ丼が美味い。

一昔前は一人でパフェを食べにお店に入るのが難しかった。でも最近は集合住宅の暇なオジサン達と一緒にオシャレなカフェに出かけ、アイスクリームを食べる。

札幌の郊外、新篠津村はどこまでも同じ景色が続く。ここもボチボチ夏が終わろうとしています。田んぼの刈り入れが始まる。

新篠津村の中にあるJR

札沼線の金沢駅。ジオラマの様な雰囲気です。

駅前にコイツが居た。

ノラではないようです近所の農家の家ネコでしょう、昼寝していたのを起こしてしまったけど・・

とても不満らしい。

すまんスマンと言いながら撮る。

夏は終わったハズなのに、暑いぞー・・