気ままに走って、ニセコで蕎麦を食べる。

細川たかしさんに対面
細川たかしさんに対面

尻別川を眺める、必ず釣り人がいます。この日もフライを振っている釣り人が居た。

一人で来ていると思ったら相棒がいたようです。釣り人にカメラを向けている不審なオッサンの様子を見にシッポを振りながら近づいて来る。そんなに愛想がイイと番犬には成れないヨ、と言って聞かせる。

ニセコは様変わりがスゴイ

数年の間に知らない観光施設がドンドン建っている。

昔から素晴らしい作品を創っている彫金のラム工房も立派になっていた。

この日はアトリエが休館日改めて訪ねてきます。

路面に置いてある作品だけでも素晴らしい。

昼飯は倶知安のうさぎ家と云う蕎麦屋。【ボスコ】のオッサンよりいくらか年配のご夫婦でやっている。倶知安の飲み屋街に有り、昼の観光客はあまり行かない蕎麦屋でした。丸味のあるそばつゆでは無く、多少角の立つピシッと引き締まった味のそばつゆです。大人の味です。オッサンは10年来通っていました。そんな蕎麦屋さんが最近テレビで取り上げられ、この日も家族連れで混雑していました。

飲み屋ビルの一階に有り、見た目は普通の蕎麦屋ですが店内には最高の音響システムが完備。いつでもライブが出来るように成っています。お店の営業時間は午後の4時ごろには終わるようです。いつかこの蕎麦屋でライブを聞きたい。

昼飯に美味い蕎麦を食べた後、ノンビリと赤井川へ向かい道の駅に寄る。バイクで走っていると道の駅のトイレが有りがたい。バイクのせいか、歳のせいか、トイレが大事なのです。「美しい国ニッポン」の標語が最近怪しくなって来たけど、道の駅のトイレは世界に誇れる。

トイレの後にソフトクリームを食べる。赤井川のソフトクリームだから「山中牧場」のソフトクリームだと思ったら違った。イクラのような物が入っているけどメープルシロップの粒々です 美味い。

穏やかな天気だったので銭函の海を眺める。銭函にはオシャレなカフェとかレストランがたくさん出来ています。でも、オッサンが一人で入るのはシンドイ。