JR札沼線・新十津川町にはクジラとタコがいた

JR札沼線・終着点
JR札沼線・終着点

小さな駅です。朝10時に1本の到着列車と始発で最終列車が出ていく。

その後、お出かけする人は町の中を流れる石狩川を渡ると大きな滝川駅がる。

滝川市と新十津川町は石狩川をはさんでほとんど一緒。

国道275沿いに、物産館がある。海のない地域ですが恐竜時代のクジラの祖先の化石が出たらしい。物産館がクジラ館として、クジラのレプリカ標本を展示していた。

でも国道451号、日本海の浜益に向かう道路沿いで誰も立ち寄らない所になぜタコの滑り台が有るのか?ビックリして写真を撮る。江別と函館にあるタコの滑り台は確認していますが、このタコの滑り台は知らなかった。

天気はいつもの様にピシッとしませんが、雨は降らないようです。風が強いのでバイクは斜めになった走ります。浜益を通過して厚田まで、ここがタコの本場。日本海の水ダコはとてもデカイのです。漁港の加工場では速攻でタコを茹でる。

どんなタコの料理より、有名なすし屋のタコの刺身より、茹でたてのまだ熱いタコは最高に美味いです。水揚げされたタコは何とか脱出しようと抵抗中。

厚田の港には主がいる。コイツが脱走しようとするタコを見回りしながら監視中。

オッサンがボーっと眺めていても存在を無視してズンズン歩いてきます。スゴイ。

厚田は夕焼けが名物。雲が重く空を覆っている時の方が、夕方の一瞬の雲の切れ間から射す夕日が期待できます。真っ赤になります。