夏だからイロイロ出てくる、ウロウロしているのはオッサンだけじゃない。

初めて見る標識
初めて見る標識

北海道をウロウロ走り回っていると、「牛横断注意」とか「鹿注意」とかの標識をよく見かける。でも「猫飛び出し注意」の標識は初めて見る。「熊注意」の看板は最近急に増えました。

キャンプ場でよく会う横浜ナンバーのハーレーおじさんから、北海道ではずいぶん熊が出ているようだけど、鉄砲は持っていけないのでどうしたらいいのか?熊よけのスプレーとか鈴だけでなんとかなるのか・・とメールが来た。だから近所のお寺から「熊よけのオフダ」をもらいあとはシッカリお祈りする事。熊だって相手を選ぶハズだから、安心して今年も北海道に来るようにと返信しておいた。ちなみに・・携帯電話にメールが来たのは2か月ぶりです。

羊蹄山を眺める道の駅ルスツで

「赤い靴履いてた女の子」はこの地で生まれた実在のお話だった事を知る。

大滝村からホロホロ峠を越えて白老に出る道。見事に何もない峠越えですが気持ちの良いツーリングコースです。大滝村の三階滝公園にはトーテムポールがたくさん立っていて、以前は売店なども有ったのですが最近は観光客がいなくなり、暇そうなバイクが時々通るだけです。そしてトーテムポールだけが黙ってオッサンを見ていたのに、突然シャコタンの車がやって来てトーテムポールに上がり始めた。すると、どこからか公園の管理人らしきオジサン2名が走ってきた。誰もいない野っ原の公園のどこにオジサンは居たのか?どこから見ていたのか?もう少しでオッサンが立ちションするとこだった。アブナイ。

何もないホロホロ峠越えのツーリングに来るのは、峠の頂上に有るこの暴風雪シェルターがSF的で何となく好みだから。頂上の坂の向こうからバイクが現れるのを待ってみましたが、ようやく現われたのはトラックだけでした。

お昼時に苫小牧に到着。

苫小牧漁港の有名な食堂に寄ってみましたが、ものすごい行列でした。

すぐ近所の「海の駅・ぷらっと」?で定番のホッキカレーをたべる。有名な食堂「マルトマ食堂」?のカレーも「ぷらっと」のカレーもどちらも美味しいです。嬉しかったのはテーブルに一人で座っていた若いライダーが「ホッキカレー」と「ホッキの天丼」を頼んみ、おもむろに「あんかけ焼きそば」も注文。意味もなくオーエライと思ってみていると、ポケットからあんパンを取り出し三口ぐらいで食ってしまった。スゴイ。

ついつい気になって「ホッキカレー」写真を撮るの忘れた。

苫小牧の海は、嵐の次の日だったのでゴミだらけになっていました。いつもの様に何処からか猫が現れましたが、なぜか可愛い猫が出て来ない。

バイクで走るときの「朝のおやつ」は【ボスコ】のタンドリーチキン。美味いです