カレー屋【ボスコ】のオッサン、天皇賞をねらう。

平成最後の重賞レース
平成最後の重賞レース

長かった冬が明け、ボチボチ桜の情報も聞こえてきた。

いよいよバイクの出番なのだと立ち上がる。しかし立ち上がってみたものの、さて何処へ行くのだ。春の到来を喜びバイクが沢山走り、ついでにオネーさんもウロウロしているような状況が望ましい・・着いた所はオジサンがウダウダしている所だった(サテライト石狩)公営ギャンブルの聖地、全ての博打ができる。ここで昨夜のテレビで放映していた競馬の天皇賞を勝負する。建物に入ると見事にオジサンしかいない、いや・・受付の様なところにオネーさんがいた。そしてすぐ隣にはでかいガードマンが立っている。

ロビーには椅子とテーブルが並び、缶コーヒーと競馬新聞が散らかっている。理想的なギャンブル場である。サテライト石狩は競馬の他に北海道には無いオートレースとか競輪の車券が買える。オッサンは平成最後の天皇賞で勝負する、この馬券で日曜日の昼飯が無くなるのか・回らないすし屋に行って笑いながら美味い物が食えるのか。サテライト石狩の食堂「勝所」でカツ丼を食う、勝利は明白です。

春だから、アッチコッチの畑で田起こしが始まっている。

先日ススキノをウロウロしてるとビルの合間の残された雪を割ってる人がいた。

ナント・・雪の下からハーレーダビットソンが出てきた

ススキノは雪の下のゴミまで豪華です。

夕方から天候が崩れてきた。こんな日は天皇賞の祝杯の練習です。前夜祭とか前祝があるから本番が有るのです。

オッサンにとっての勝利の酒、シーバス。クラッシュ氷にレモン。勝利確実。

馬券を【ボスコ】の神棚にお供えして、美味いタンドリーチキンを食べる。