春になったはずなのに、まだ冬。

何処かのオジサンが散歩
何処かのオジサンが散歩

大通公園だってまだ冬。

集合住宅のオジサンも何処に行く当てもなく近所の公園を歩く。

近所をフラフラするだけなのに、バズーカ砲のようなカメラを背負っている必要があるのだろうか

この後ゆっくりとタバコを吸い、また歩いて行った。

バイクがまだ出て来ない。

だから【ボスコ】のオッサンもフラフラと食べ歩く。

美味しい物を食べるたびに「痛風」とか、デザートを食べると「糖尿」とかの声が聞こえる。

バイクが走り出せば・・やっぱり、どこかの町で美味い物を食うのです。

【ボスコ】の前の公園に、狸のようなヤツが現れた。ゴミステーションでカラスに負けてしまった。寂しそうな後ろ姿です。さっき読んだ新聞に携帯電話がこんなに普及した要因は「いつでも他人とつながっていたい現代人の寂しさの現われ」と書いてあった。先月の通話料が0円となっていたオッサンは日本一寂しかった人となるのか?。そんなに電話が来ないのなら、持つ必要が無いでしょうと言われるけど緊急(葬式の連絡など)の電話に備えています。だから電話が鳴ったりすると、かなり緊張します。日本一寂しいオッサンにも葬式の連絡は来る。

バイクが無いから酒が飲める。定休日、集合住宅の近所の蕎麦屋で昼酒。うまい。