雪まつりです。昼間の最高気温が-12度です

タバコのオジサンの代理が待っていた
タバコのオジサンの代理が待っていた

天気予報では記録的な寒波がやって来ると言っていた。

久しぶりに予報が当たった、オッサンの競馬予想よりイイ。

【ボスコ】をコソコソと抜け出し雪まつりに出かける。

昼間、薄日が差しているのにビルの大きな温度計がマイナス12度をさしていた。

観光客がフードを被り足早に地下街へ降りていく。オッサンもカメラを取り出し、3枚ほど撮ったけどギブアップ

でも子供は嬉しそうにユックリと歩いていました。問題は後ろのカップルが「寒そうに?イチャイチャ」している。どうも雪まつりの美観を損ねているような気がするがヒョっとして一番美観を損ねているのは、イイ歳をしたオッサンではないのか?と云う事に気がつき地下街に逃げ込む。しかし寒かった、マイナス12度。

あぶないオジサンとか、よくわからないオバサン達は狸小路がイイ。

メロン熊がいた。コイツもよくわからない、綺麗なオネーさんが来ると頭から噛みついていた。セクハラ・パワハラ何でもアリです。

何かうまい物を喰おうと探していると「青イソメ」と書いた看板を発見。なんなのか?と入ってみると釣り餌でした。オッサンは「ゴカイ」と認識していたものが「イソメ」だったのです。どんなモノなのかをUPするわけにはいきません。ミミズだってあまりキレイでは無い、そのうえ・・というモノを魚は好んで食べている訳だから、今日の昼飯の魚はやめ。

お肉とバターライスのランチを食べる。ちょっと気取って、食後にショートケーキも食べた。

でも帰りの立ち寄ったスーパーでサザエ食品の「おやき」を買ってしまった。

これも東京などでは「大判焼き」と云うらしい。たっぷりとアンコが入っていた。うまい

早朝タバコのオジサンチームが迎えに来た。代役の犬君が玄関の前で待っている

小樽は飽きたから、苫小牧へ行きたい。いつもの様に左ハンドルのベンツで行く

マニアは、ベンツではなく「メルセデス」と云うらしい。通常の右の座席には、さっきの犬君が座っている。すれ違う車の運転手がビックリしていた。

苫小牧の漁港につく、雪が降っていた。小樽の港とどこが違うのか・・寒い

冬はヌクヌクと暖かいお店でフーフーしながら辛いカレーを食べる。絶対イイ。