年末だからサンタさんが走るけど、馬も走る。

ミュンヘン市には家族連れが似合う
ミュンヘン市には家族連れが似合う

ミュンヘンはたぶんドイツのはず、写真の横にはプーチン大統領のTシャツが売られていた。ごついプーチン大統領の横に立つ綺麗なオネーさんを狙って黒っぽいオジサン達がでかいカメラを構えている。普通のお客さんの邪魔なのです。

「おじさん達ジャマですよ」と思いながらオッサンも並んで一枚撮る、ごめん。

年末だから有馬記念です。地下鉄駅のキオスクでスポーツ新聞を買い、場外馬券場に向かう。正しいオジサンの姿です。今年のレースは本命不明の荒れるレースになるようです。

日高にはホッカイドウ競馬の聖地、日高門別競馬場が有る。有名なG1レースを開催する中央競馬とちがい地元の馬に地元の騎手が乗って走る、地元密着の競馬場です。ナイター競馬で賭け事としての競馬より、見て楽しむ競馬がイイ。

オッサンはバイクでアッチコッチ出かける。適当に走るので泊まるのはキャンプ場を利用。同じようなバイク乗りがキャンプ場に集まり、お互い情報交換などをする。そこで教えてもらった日高の町の小ギレイな食堂で昼飯を食う。なかなか食後のコーヒーが出て来ない、やがてやって来たのは猫だった。振り返ると階段の上からもたくさんの猫がオッサンを監視している、まだコーヒーは出て来ない。キャンプ場のライダーが楽しい食堂が有る、と言っていたのは猫だらけの食堂の事だったのです。

【ボスコ】の定休日、新札幌の「いきなりステーキ」に行ってきた。以前は行列が出来ていたのでパス、今回は普通に食べる事が出来ました。肉の後はデザートが食べたい。アイスクリームを発見、コソコソと周りを気にしながら注文。いい年をしたオッサンが人前でアイスクリームを食べるのは勇気のいる事なのです。すぐ横のテーブルに座って小さなスプーンで食べていると、男が三人やってきてアイスクリームを頼んでいる。「男が三人もそろってアイスクリームかい」と思ったけどオッサンも食べているし・・やがてアイスクリーム屋の周りはムサイ男だらけになった。

市電が映画の宣伝に利用されていた。札幌から生まれたスター大泉洋氏の顔が有る。【ボスコ】のオッサンが平日街の中をウロウロしていると、大泉洋氏本人をよく見かける。札幌ファクトリー・小樽の港・等で映画の撮影に遭遇し、一月前にはホテル東急インの居酒屋で料理の取材をやっていた。ススキノでは普通に歩いている大泉洋氏を数回見かけた。オッサンがカメラで撮る訳にはいかないけど、これほど札幌市内で見かける芸能人はめずらしい。

クリスマスです。ケンタッキーフライドチキンは美味い、【ボスコ】のタンドリーチキンも十分美味いです。