春の太平洋、新ひだか町。

春っぽい気分の太平洋
春っぽい気分の太平洋

日高の海岸がイイ。

特別、縁もゆかりも友達もいないけど何故か日高の海岸沿いの道が気になるのです。

暖かい春の日にバイクにまたがり海岸を走っているのだからしっかりと海を見てホッと気を静め、さらに反対側の山も見た。谷間から流れ落ちている滝なのか、ただの排水なのかよく分からないものも見た。せっかく日高を走る感動をかみしめようとしたが、やっぱりいつもの海岸の景色だったのです。漁船を撮りに港へ寄ると行儀のイイ猫がいた。漁師さんからワザワザ魚の骨を外してもらって昼飯を食っている、過保護の野良猫です。猫から魚を分けてもらうわけにもいかないけど、美味い魚料理が食べたい。港の近所の食堂のような、すし屋のようなお店で昼飯。もちろん文句なく旨い。

海岸から山の中へ移動して「太陽の森ディマシオ美術館」による。春の準備で大忙し。

この美術館、夏にはコスプレの大会?が行われるらしい。

庭の寝ている人も、羊も恐竜も全て作り物。その中にかなり有名な人の彫刻も置かれています。以前にも来ていますが本来の「ディマシオ」作品をまだ見た事が無い【ボスコ】は火曜日定休日、この美術館のお休みと被っているようです

静内の桜の名所に寄る、平日だから誰もいない。誰もいないのにジンギスカンの匂いが漂っている。ゴミ収集車の邪魔をしないようにチョッと残っている桜を撮る。

新冠の道の駅でピーマンのソフトクリームを食べる。

ポスターに「甘いの・苦いの」と書いてある。食べた瞬間にピーマンの青臭い匂いがする。味は甘くもなく・苦くもない、そしてマズくもない。

北海道もボチボチ田植えの時期が来た。アッチコッチで「わらじむし」とかオートバイとか自転車が活動し始めるのです。だから【ボスコ】のオッサンも動き出す。