急に寒くなると、チョッと温泉もイイかなと思う

豊浦町のキャンプ場満月後雨
豊浦町のキャンプ場満月後雨

温泉とはただデカイだけの風呂だ。ズーッとそう思っていたけど、温泉に行くのは何もしない旅の事だったのです。夏の終わりに横浜ナンバーのハーレーおじさんと噴火湾の豊浦町で待ち合わせ。ここのキャンプ場は海の方を見ていると抜群な環境ですが後ろを見てはいけません、コンクリート造りの町営住宅がズラーっと並んでいるのです。横を見ると天然温泉がドーンと建っていて駐車場が広い。

温泉の隣は豊浦漁港、ホタテが有名です。そして何もしたくなさそうな猫がたくさん転がっていました。早速温泉です、ワザワザ温泉に入るためにやってきたのですからまず風呂に入り、休んでは入り、昼飯を食っては入り、疲れたなーと言いながら入り、もっと疲れたからテントに帰って午睡・・露天風呂がイイ。

何もしなくても腹は減る。

満月を眺めながらビールを飲み、ラムしゃぶを食べる。オジサン二人、する事が無い。ハーレーおじさんがなぜ夏の間北海道でフラフラしていられるのかを聞いてみた、パソコンを使った株の売買で稼いでいるらしい。大きな取引をせず、その日の分だけ地味に稼ぐのであればケガすることはないとの事。防波堤で夜釣りをしている地元のおじさんに聞いた飲み屋にやっぱりフラフラ出かけて行く。アヤシイおじさん二人と地元の漁師と昔若かったママさんが特別な話もなく、漁師が上手に演歌を歌うのをシミジミと聞いて小雨の中をテントに帰る。何もしない温泉旅行、寒い時期にはイイ。

ススキノに有る、この看板がイイ。

不思議なことにその日によって注文が集中するのです。

キーマカレー美味いのはモチロンですが、急ぐ時にはサッサと食える。