JRに乗ってファクトリーまで映画を見に行く

綺麗なオネーさんが歌っていた
綺麗なオネーさんが歌っていた

バイクが冬眠中なので半年ぶりにJRで街に出る。サッポロファクトリーで映画ブレードランナーを見る。

ファクトリーは、すでにクリスマス気分

男女二人組がステージで歌っていた。

女性が可愛いのはイイ事ですが、男の子も何となくカワイイっぽく見える。

テレビとか雑誌で「○○系女子」とか「終活」とか、よく分らない言葉が出てくる。分らないながら歯医者さんで見た雑誌に「ロールキャベツ系男子」?という呼称を発見、ンーん、分らない。こんな事なら、どこかにオッサンが好きな「イカ・タコ系おやじ」とか「バイク活」が転がっているのかも知れない。昼飯はずいぶん少なくなった歯を駆使してローストビーフを食べる。デザートのアイスクリームが食べやすかった。

歯の改修工事が終了したら分厚くて硬いステーキを喰ってやる。

【ボスコ】の前の公園に「こんなの」がいた。仮面ライダーでは無いようです。

小雨降る中、マジに演じている。トランポリンも用意している。学生なのかプロなのか不明。よくできた衣装だ。


公園の横の茂みの中から猫がジッと見ている。この猫は着ぐるみではありません。

大きな猫なのに時々カラスに追いかけられてここの茂みに逃げ込んでいるのです。

冷たい雨が降り始めました。

さっき南郷通りのブックオフに寄って108円の本を買ってきた。選んだ本に少し戸惑いを感じながらもマーいいやと買う。

店の本棚を見て戸惑いの正体を知る、だいぶ前に買ってあったのだ・・実に情けない。

こんな日は【ボスコ】のオッサンも世間のおじさんのようにコートの襟を立て、ノレンを押して居酒屋に入る。そして歯にやさしい煮魚で一杯飲み、冷えた体を温めながら少し悩むフリをする。周りには同じような酒臭いおじさんがたくさんいた。

みんなで「寄る年波」と「天気」のせいにして、気分転換。

暑い日も寒い日も、カレーはキッチリと辛いのがイイ。

【ボスコ】のチリ辛チキンカレー。癖になるカレーです・・美味い。