まだまだ夏が終わってはいけません。

開拓の村、緑に勢いが無い
開拓の村、緑に勢いが無い

【ボスコ】の近所の町内会の子供夏祭りも終了。ワイヤー空中遊泳が人気でした。

鶴居村のキャンプ場、横を流れる川にニジマスとかヤマベがたくさんいる。子供達は網や手掴みで捕まえているのに、女の子は足で魚を押さえ込んだ。お母さんも、どうして良いか困ってる・・


夏休みの前に宅急便が届いていた、花咲ガニです。【ボスコ】の上の住人が荷物を受け取る事が出来ない時【ボスコ】に送り後日取りに来る人が多い。

冷凍庫で数日待ってみたけど誰も来ない。これはオッサンに送られた物と勝手に理解して食べてしまった。

オッサンは蟹の中で花咲ガ二が一番好きなのです。カニは人を無口にさせる・・殻を割りモクモクと食べる。花咲ガニは殻に付いて残る油がウマイのです。殻で作る翌日の鉄砲汁が最高です、翌日の為に身の本体を食べるのか・・で、その鉄砲汁は勿論うまい。写真を撮らなければ、と思いながらスタッフと充分満足して喰ってしまった。先日送って頂いた、美形のお客さんが判明。

改めてごちそうさまでした。エーっと実は毛蟹も好きですので・・・

早朝、朝日がさわやかだったので支笏湖へ行ってきた。霧の支笏湖でした。

安い宿とかライダーハウスではなく何故テントを使うんですか?と聞かれた。

バイクを乗り始めたころ、釧路阿寒の近所でユースホステルを利用したことがある。

ユースに到着すると先客が迎えに出てきて、みんな和やかでずーッと昔から友達だったような雰囲気なのです。風呂に入り食事も済み、本でも読んでサッサと寝ようと思っていると広めの部屋に連れていかれる。ミーティングルームと書いてある。

ヘルパーさんと言われていた人がギターを持って現れた。おや・・ライブでもやるのかと眺めていると、サーやるかー・・みんな歌うぞー・・「君のー行く道はー・・」と叫んだ。

すると部屋中が「きみのおおゆくみちわああ・・」とみんな歌いだしたのだ。いったいどうしたのだ、とひとりボー然としていると。その後椅子取りゲームに強制参加となり恐ろしい夜は更けていったのです。それ以来、ホームレスのような気楽なテント宿泊旅行が続く。

バイクで走るとき必ず持っていくタンドリーチキン。冷めていてもウマイ。

朝の湖畔で、熱々のコーヒーとチキンを食う。これからの時期にピッタリです。