夏休み釧路へ行って来た。その1

つるいキャンプ場ニジマス手づかみ
つるいキャンプ場ニジマス手づかみ

釧路の街に行く。ズーっと北海道を走り回っているのに、いつも通過するだけでチョット昼飯を喰うとかで立ち寄ることも無かった。知床・根室などの道東の旅は毎年のように行くのに

このままでは釧路の街に申し訳ないではないか。今回は釧路です、厚岸でも無く、阿寒でも無く、釧路に行くのです。テントは道東旅行の基地にみんなが利用する「つるいキャンプ場」。お盆の14日、今までに経験したことがない大混雑です。

自由に旅行して、遊びまわってイイですねー。きっと楽しい事がイッパイあるのでしょう、と言う人が少なからず居る。お答えします。通常のことが思い通りにいかないのが旅行です。

まだ国道274日勝峠は通行止め、無料の高速道路を使う。十勝清水で下の道に戻りガソリンスタンドによる。重たい曇り空で麦の収穫も終わり天気も気分もドンヨリ。また帯広から釧路の無料の高速道路に乗る。走り始めて気が付く・・「かってに止まってはいけないのだ。」時々霧雨・・寒い、信号もないので一息つくことも出来ない。やがて・・トイレに行きたい。PA発見、トイレと自販機がある。誰も見ていないのに余裕のあるフリをしてバイクを止めゆっくりとヘルメットを脱いでいると、バスが来た。ブオーっとトイレの直ぐ前に止まり団体さんが降りて来る。団体さんが団体でトイレに入っていく・・・オッサン出遅れる。これが町の中ならチョット先のコンビニへとなるが、どうみてもコンビニなど無い。自販機の後ろのヤブに駆け込むと、隣の国の団体に見られる・・ドーすんだ・・おっさんトイレはドーすんだ・・・

これが旅行なのです。キケンは何処にでもある。

夜の釧路へ行ってみたい・・霧雨がつづく

お盆の14日つるい村は盆踊り・夏祭り

花火大会と、すべてこの日に集約されている。少し離れて見る盆踊りのやぐらが

イイ雰囲気です。みんな霧雨など気にせず、ビールを飲み、焼鳥に食いつく。

オッサンはバイク用のジャンパーを着てやっぱり焼鳥に食いつく、今夜はもう走らないと決めて焼酎のお湯割りを飲む。シミル

花火大会。酔っぱらった手元で一枚写っていた。イロイロ花火大会を見てきたが、こんなに近くの花火は初めて・・・音と光と匂いが全部一緒です。通常パー・・ドン、ウワーなのに

ドン・パ・プーン・ワーが全部一緒、その後パラパラと破片が降ってくる・・キッチリ熱いです。


子供達には手持ちの花火が配られて・・お祭りはイイ。ジッと犬が子供を見つめている

この犬君、首輪もリードも付いてない。通常の日本犬、野良には見えない。イイ犬です。

よく朝5時のキャンプ場

みんな早起きです。寝ているのも飽きた、だから起きてくる。

このキャンプ場シルバー世代の連泊者が異常に多い。

乗っている車は釧路ナンバー

夏の間ズーっと居るとの事。

テントには外国製の薪ストーブが

組み込まれていた。スゴイ。