オートバイが出てきました。夏はオートバイに乗ってアッチコッチ走り回り冬は酒を飲みながらフラフラと遊びまわる。【ボスコ】のカウンターで暇そうに突っ立っているオッサン、何気ない日々をダラダラと書いています。今年は、晴れの日には走り雨の日には呑む。

2019年

4月

20日

急に、アッチコッチ春です。

ファクトリーで踊っていました
ファクトリーで踊っていました

若い女性とか子供にカメラを向けると、変質者と思われるので気を付けるように言われている。ファクトリーのステージにはアブナイお兄さんとか、よくわからないオジサンがでかいカメラでステージの上の女性を撮っていました。オッサンもドサクサで一枚撮る。

気温20℃越え、今シーズン初めての支笏湖。

どんなに寒くても、水が冷たくても必ず釣り人は居る。持って行ったポットのコーヒーを飲みながら眺めていましたが、全く反応がありません。でもいつまでもルアーを振っていました。

町を見下ろす丘の上にカメラを持ったオジサンがいた。

きれいに町が見える丘ですが、さらに三脚を立てて上に上がっている。じゅうぶん町は見えるのに何を狙っているのか不明。

千歳の道の駅でイチゴを買う。千歳はイチゴの栽培が盛んです。もちろんハウス栽培ですが新鮮でおいしいです。

千歳の道の駅のトイレ。外が見える。外の見えるトイレはアッチコッチに有りますが・・

外から中が見えるトイレは珍しい。外から立ちション中のオジサンの顔がすぐそこに見えるのです。オジサンはズーッとはるか向こうの宇宙を見つめ、地球の未来を考えている表情です。間違えて目が合うこともある、お互いとても困ってしまいます。

オッサンがトイレに入った時は誰もいなかったので、今がチャンスとカメラを取り出しこの写真を撮りました。するとトイレの向こうがニギヤカになりドヤドヤドヤと団体さんがやって来た。小走りに缶ビールを持ったままやって来た。お隣の国の団体さんらしく声が大きくニギヤカです。オッサンは逃げ出す。

トイレから出てから自分もまだトイレを使っていなかったのを思い出す。

騒動が収まるまで千歳の道の駅の美味いピザをたべる。ここのピザはお勧めです。

トイレもお勧めです。

春になっても冬の雪捨て場の雪はしぶとく残っています。

春も夏も冬も、【ボスコ】のメニューは変わりません。エビフライカレー、エビがでかい。20年間変わらない味、そして変わらないお値段。しっかり美味いです。

2019年

4月

14日

元号も決まった、ようやく春です。

シャネルよりおばさんがエライ
シャネルよりおばさんがエライ

春になったのに、オジサン達はコートの襟を立てて呑みに行く。

世間では今年の春は花粉が多い、と言っている。北海道には杉が無いけどアカシアなどの花粉はある。ススキノには悩ましい匂いも漂う。

オッサンが暮らしている集合住宅のタバコ場所に集まるオジサン達が「花粉症にはタバコを吸うと症状が穏やかになる、だからタバコを吸うのだ」と言っている。それは気のせいでしょう・・または感覚が鈍ってきているのです、歳だから・・と言っておいた。それは便秘の時に図書館に行くとトイレに行きたくなる。と同じくらいアヤシイ療法なのです。

江別のバイク屋にバイクを受け取りに行ってきた。裏の畑の道に彼がいた。

まだ寒いのか、頭からマフラーを巻いている。ヘルメットにしなさい。

綺麗なオネーさんにカメラを向けるといろいろ問題がある。先日フラフラ呑み歩いていると横のビルから綺麗なオネーさんがたくさん出てきた。春です。

バイクを受け取り、春のお祝いにちょっと飲む。

春だから熱燗ではなく、キリっと冷酒。


サイクリングロードの横の公園にも春が来た。

お出かけのお弁当にキーマカレー。食べやすくて美味しいと人気です。

2019年

3月

31日

春になったはずなのに、まだ冬。

何処かのオジサンが散歩
何処かのオジサンが散歩

大通公園だってまだ冬。

集合住宅のオジサンも何処に行く当てもなく近所の公園を歩く。

近所をフラフラするだけなのに、バズーカ砲のようなカメラを背負っている必要があるのだろうか

この後ゆっくりとタバコを吸い、また歩いて行った。

バイクがまだ出て来ない。

だから【ボスコ】のオッサンもフラフラと食べ歩く。

美味しい物を食べるたびに「痛風」とか、デザートを食べると「糖尿」とかの声が聞こえる。

バイクが走り出せば・・やっぱり、どこかの町で美味い物を食うのです。

【ボスコ】の前の公園に、狸のようなヤツが現れた。ゴミステーションでカラスに負けてしまった。寂しそうな後ろ姿です。さっき読んだ新聞に携帯電話がこんなに普及した要因は「いつでも他人とつながっていたい現代人の寂しさの現われ」と書いてあった。先月の通話料が0円となっていたオッサンは日本一寂しかった人となるのか?。そんなに電話が来ないのなら、持つ必要が無いでしょうと言われるけど緊急(葬式の連絡など)の電話に備えています。だから電話が鳴ったりすると、かなり緊張します。日本一寂しいオッサンにも葬式の連絡は来る。

バイクが無いから酒が飲める。定休日、集合住宅の近所の蕎麦屋で昼酒。うまい。

2019年

3月

27日

アッチコッチ雪解けで、きたない。だから狸小路へ行ってきた。

冬のコートを脱ぎ携帯電話中
冬のコートを脱ぎ携帯電話中

この時期は狸小路が楽しい。

狸小路に狸が居るのは当たり前ですが、最近牛も現われた。

狸小路は時期に関係なく、いつもお隣の国の人達でにぎわっています。ちょっと不思議なのはなぜ大量の荷物をひもで縛って持って歩くのでしょう。

ホテルとか自国に送ってしまった方が楽だと思うのですが?

狸小路1丁目界隈のレストランでピザを食べた。【ボスコ】のオッサンはカレーが好きですがピザも好き。

久しぶりで旨いピザを頂きました。

美味い、でかい、腹いっぱいです。若い人に聞いてみると、札幌で三本指に入るピザとの事。後の2件を食べに行きたい。どこ?

春かなと思ったら、冬に戻る。こんな中途半端に寒い日は温泉がイイ。とお客さんが言っていた。温泉が好きな人たちはあの匂いがたまらなくイイと言う。

そして温泉宿は古い宿で、少しボロで、何となく闇を含んだような所がイイとも言う。決して新築ピカピカで、バラの花びらを散らしてあるような温泉はお勧めしないようです。キャンプ場で会う横浜ナンバーのハーレーおじさんが言うには、温泉の近所には火山がある。火山があるから温泉が有るともいえる、だからあの匂いは火山性ガス=硫黄ガス=毒ガス、なのです。だから温泉には入らない、と言っていたのに、今年は温泉で会いましょうとメールが来た。オッサンも温泉なんてただのデカイ風呂だと言っていたけど・・寒い日にはデカイ風呂もイイなー。

写真は数年前に入った山の中の温泉「野中温泉」露天風呂が良かった。

狸小路10丁目、シブいお店が残っています。温泉もイイけど、熱燗もイイ。

2019年

3月

16日

ヨーッシ春だ!と立ち上がってみたけど、どうすんだ。

春だから牛もバイクに乗る
春だから牛もバイクに乗る

ようやく冬が終わって春が来た。

今年は雪解けが早い、春はみんな嬉しいのです。

カップルだって、犬君だって春はイロイロ忙しい。

オッサンも今年は心機一転ビシーッとバイクに乗ってアッチだコッチだと遊び廻るのです。周りの人達から見ると、今までと何も変わっていないではないか・・と思うでしょうが、気分は心機一転なのです。

ズーッと長い間、写真の世界にはオジサンしかいなかった。でもデジタルカメラの時代になり女性のカメラマンが急に増えてきた、基本どおり三脚を立ててキチンと撮影しています。オッサンも見習ってこの写真は三脚を立てて撮りました。もう一つ基本通りマナーを守って、撮影する事とこのブログに使うことの了解を得ました

集合住宅の喫煙場所にタムロするオジサン達と近所のスナックへ行く。昼間はカラオケ喫茶になり、インスタントラーメンとコーヒーを出しています。そして嬉しいのはビックリするほど美味しいお茶菓子がメニューにある。

タバコを止めるようにお医者さんから指導されているオジサンとか、糖尿のオジサンなどが誰の目も気にすることなくユックリタバコを楽しむ場所が無くなってきた。

丸井デパートの並びにこんな建物があった。ルイ・ヴィトン、最高級ブランド店。

入口にガードマンが立っている。そして店内には、それなりにお客さんがいました。いつもフラフラ歩いている道ですが、このような店が有ったのは気がつかなかった。ショーウィンドの服を眺めながら、そういえばジャンパーとブルゾンの違いが何だったのか思い出そうとしたけどなかなか出て来ない。

以前誰かに聞いたハズなのに・・

春らしい暖かさの中、ドアを開けてコーヒーの自家焙煎をする。店のまえを歩いて行く人に、匂いをばらまく。タバコを吸わなくても自家焙煎コーヒーは美味い。